本のリスト:死を見つめる心

2016年3月6日~2016年10月24日の間に手にした本のリスト。
占い関連と、小説「ファンレター」の資料用が中心。
読み終わった本も、ちょっとずつ読み続けている本もある。

<2016年3月6日にアマゾンで買った3冊>
「タロットの書 叡智の78の段階」(レイチェル・ポラック著、伊泉龍一訳、フォーテュナ、2014/07/10初版、2015/09/10第2刷、3000円+税)
「世界史と西洋占星術」(ニコラス・キャピオン著、鏡リュウジ監訳、宇佐和通・水野友美子訳、柏書房、2012/08/25初版、3800円+税)
「ユングと占星術」(マギー・ハイド、鏡リュウジ、青土社、2013/05/10初版、3200円+税)
-----
3冊とも読み終わった。いい本だった。

<2016年4月1日にアマゾンで買った1冊>
「堀江貴文という生き方」(宝島社、別冊宝島2444、920E、2016/04/12発行)
-----
小説「ファンレター」の登場人物の参考に。一応、スパイダーという外へ出ていくキャラクターがそうだけど、本人と全然違う形になりました。

<2016年5月7日にアマゾンで買った1冊>
「占星術完全ガイド 古典的技法から現代的解釈まで」(ケヴィン・バーグ著、伊泉龍一訳、発行フォーテュナ、発売JRC、3000E、2015/08/25)
-----
ちょっとずつ読み進めているところ。

<2016年5月23日に本屋で買った2冊>
「ヨーロッパ思想入門」(岩田靖夫、岩波ジュニア新書441、2003/07/18初版、2015/11/16第23刷、860E)
「精霊の守り人」(上橋菜穂子、新潮文庫、590E、平成19年4月1日初版、平成28年4月5日第31刷)
-----
最初の方は読み終わって、とてもよい本でした。
後の方は、ちょっとずつ書き写して勉強中。

<2016年6月21日にアマゾンで買った1冊>
「占星術百科」(ジェームズ・R・ルイス、鏡リュウジ監訳、原書房、4800E、2000/08/22初版)
-----
最初に図書館で見つけた本だけど、用語を覚えるのに欲しくなって買いました。
ちょっとずつ読んでいるところです。

<2016年7月23日にアマゾンで買った2冊>
「占星学」(リズ・グリーン、岡本翔子・鏡リュウジ、青土社、3200E、2013/09/10初版)
「死を見つめる心」(岸本英夫、講談社文庫、460E、1973/03/15初版、2016/04/01第42刷)
「人生を<半分>降りる」(中島義道、ちくま文庫、700E、2008/01/10初版、2014/02/20第4刷)
-----
三冊とも読み終わりました。
占星学は、暗い側面に目を向けているところが印象的でした。うまくいかなかった場合が取り上げられている。
死を見つめる心は、分析にハッとさせられました。やっとわたしのボナ先生を見つけた気分です。

<2016年8月5日にアマゾンで買った2冊>
「マンガで図解 覚える花札の基本」(監修山本茂、土屋書店、1200E、2013/09/30)
「元型論 無意識の構造」(C・G・ユング、林道義訳、紀伊国屋書店、2300(内税)、1982/06/30初版、1993/07/30第22刷)
-----
花札は、娘がやりたいというので、任天堂の花札と一緒に買いました。
元型論は、中古です。今、ちょっとずつ読んでいるところですが、難しいです。

<2016年8月19日にアマゾンで買った1冊>
「7日間で突然頭がよくなる本」(哲学者小川仁志、PHP研究所、1400E、2012/12/27初版、2013/06/03第11刷)
-----
娘が欲しいというので買った本です。読むのは簡単だけど、血肉に変えるのは難しい本です。

<2016年8月30日にアマゾンで買った1冊>
「魔術と錬金術」(澤井繁男、筑摩書房、1400E、2000/12/06初版、2004/02/20第2冊)
-----
中古で買った本です。占い関連の本を読んでいると錬金術が出てくるので興味を持ちました。少しずつ読んでいるところです。

<2016年9月7日にアマゾンで買った3冊>
「GARDEN ガーデン」(寿たらこ、リブレ出版、950E、2008/09/10初版、2014/02/20第3版)
「新版◎イメージの博物館 錬金術 精神変容の秘術」(スタニスラス・クロソウスキ・ド・ローラ、種村季弘、松本夏樹訳、平凡社、1800E、1978/02/25初版、2013/05/15新版1)
「1984年」(ジョージ・オーウェル、高橋和久訳、ハヤカワ文庫、800E、2009/07/25初版、2016/04/15第27刷)
-----
ガーデンは、「腐女子のつづ井さん」という本を漫画喫茶でみて、BLに興味を持ち、ネットでおススメリストを見つけて、その中から選んだ1冊です。わたしにはBLは向かないようです。ちなみにわたしが買っている漫画は、「君に届け」と「ダンジョン飯」です。あとは漫画喫茶。
錬金術は、届いた時、薄さにびっくり。読み終わりましたが、さっぱり分からないというのが正直な感想です。一生を費やさなければ分からないものなのかも。
1984年は、ちょっとずつ読んでいるところです。

<2016年9月10日に本屋で買った1冊>
「河合隼雄のカウンセリング入門」(創元社、1500E、1998/09/20初版、2013/07/10第29刷)
-----
講演を文章に起こしたものです。とても分かり易くて、いろんな疑問が解決しました。このシリーズは他に3冊あります。買おうかどうしようか、迷っているところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック