本のリストと占星術と小説と近況について

 星占いの本のリスト。「2173年、日本」用に買った本と借りた本のリスト。

2013/02/27 購入
「基本の「き」目からウロコの西洋占星術入門」(いけだ笑み、説話社、\1,200E、2009/07/11)
「続 基本の「き」目からウロコの西洋占星術入門」(いけだ笑み、説話社、\1,300E、2009/07/11)
「タロット解釈実践事典 大宇宙の神秘と小宇宙の密儀」(井上教子、株式会社国会書刊行会、\4,200E、2000/08/24第1刷、2004/09/24第2刷)

2013/03/05 購入
「星をさがす」(石井ゆかり、WAVE出版社、\1,400E、2012/01/27初版)
「いちばんやさしい占星術」(西條のゆり、成美堂出版、\1,400E、2011/09/20)

2013/03/07 母に借りた
「アスペクト占星術」(ルル・ラブア、Gakken、\1,000E、1991/12/20初版)

2013/03/23 以前買って読み返した本
「星読み ホロスコープなしでわかるあなたの運勢」(石井ゆかり、幻冬舎コミックス、\1,200E、2006/10/31初版)
※ソーラーハウスシステム

2013/04/04 購入
「人生について星が教えてくれること」(Saya、筑摩書房、\1,500E、2012/12/10初版)

2013/07/22 購入
「図解 西洋占星術 FILES No.019」(羽仁礼、新世紀社、\1,300E、2009/01/01初版)
「はじめての占星術」(鏡リュウジ、(絵)荒井良二、集英社、\1,400E、2007/05/30初版)
「増補改訂版 最新占星術入門」(松村潔、Gakken、\1,800E、2003/11/01初版、2013/02/20第9刷)

2013/08/02 購入
「新版 Stargazerで体験するパソコン占星学」(小曽根秋男、技術評論社、\3,980E、2006/10/25初版、2012/08/01第5刷)
-----
「O嬢の物語」(ポーリーヌ・レアージュ、澁澤龍彦(訳)、河出文庫、\560E、1992/06/04初版、2013/05/10第37刷)

2013/08/31 購入
「里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く」(藻谷浩介、NHK広島取材班、角川oneテーマ21、\781E、2013/07/10初版、2013/08/30第3刷)

2013/09/10 図書館で借りた本
「柴田秋雄のホテル再生物語 「日本一幸せな社員」をつくる」(ホテルアソシア名古屋ターミナル総支配人柴田秋雄、中日新聞社、\1,429E、2010/10/10第2刷)
「もてなしの習慣 みんなで観光まちづくり」(福留強、悠雲舎、\1,200E、2011/03/15初版)
「京都花街 舞妓と芸妓のうちあけ話 芸・美・遊・恋・文学 うちらの奥座敷へようこそ」(相原恭子、淡交社、\1,400E、2012/03/02初版)
「お座敷の楽しみ方から芸妓とのつきあい方まで-花柳界はこんなところでございます。」(西川ぎん子、PHP研究所、\1,400E、2004/08/11)
「図説 吉原入門」(永井義男、学研、\1,500E、2008/05/27初版)
「日本舞踊ハンドブック 改訂版」(藤田洋、三省堂、\1,650E、2010/06/20初版)
「知識ゼロからの宇宙入門」(渡部潤一監修、渡部好恵、ネイチャー・プロ編集室、幻冬舎、\1,300E、2010/07/10初版)
「基礎からわかる きれいに撮れる デジタルカメラによる天体写真の写し方」(中西昭雄、誠文堂新光社、\2,000E、2010/07/31)
-----
「あなたの運命がわかる 幸運がつかめる 占星術大全」(ジョン・ヘイズ(著)、友近愛(監修)、金井真弓(訳)、主婦の友社、\2,800E、2009/01/20初版)
「占星術百科」(ジェームズ・R・ルイス 鏡リュウジ(監訳)、原書房、\4,800E、2000/08/22初版)

========== ========== ========== ========== ==========

 「基本の「き」目からウロコの西洋占星術入門」と「続 基本の「き」目からウロコの西洋占星術入門」は、最初に習うにはいい本。でも誤植が多い。ネットでどこが間違っているか調べられます。

 「いちばんやさしい占星術」は、CD-ROMつきで、ホロスコープを作成できる。Stargazerならアスペクトまで表示してくれるけど、うまく印刷できないので、「いちばんやさしい占星術」のホロスコープを印刷している。アスペクトなどは、エクセルで作った表に手書きで書き出している。
 また、仕事や結婚など、ハウスが分かる人は項目別に詳細が引けるので便利。

 「新版 Stargazerで体験するパソコン占星学」は、ホロスコープ3重円の真ん中の意味が分からず、困ってしまう。
 図書館に西洋占星術の辞書があったことを思い出したので、「あなたの運命がわかる 幸運がつかめる 占星術大全」と「占星術百科」を借りてくる。
 載ってたのは「占星術百科」の方だった。
  p311のトランジットの項目と、p381のプログレッションとディレクションの項目。
 ほかにも
  p256にソーラーリターンで一年、月のリターンで見る一月の占い
 など、ほかにも知りたいことが載っていた。しかしパラパラみただけで、全部は読んでない。字が細かくて、とっても厚い本なので。

==========

 「2173年、日本」シリーズは、無法地帯で生まれた真知子(主人公)と、保護区で育った保夫(副主人公)を中心に書く予定。
 基本的な性格は、太陽星座で決定した。
 箱書きを書いたので、必要な資料を集めて、詳細を考えていくところ。

==========

 図書館で借りた本は、まだ読んでる途中。

 「進行」の意味が分かったので、本「詳解 月の正統西洋占星術 (エルブックスシリーズ)」(神谷 充彦)を買おうか迷い中。
 図書館で借りた本を読み終わったら買おうかな。

 星座別占いができるようになりたいので、また占い教室に通う予定。

 近況はそんなところ。
 カードにサインやハイスや惑星の名前を書いて、裏に意味を書いて、「名前を見ては意味を書き、記憶が正しいか確かめる」という受験生のようなことをして覚えている最中。
 どれだけ沢山本を読んでも、基本的なことを覚えてないと、占っている最中役に立たない。だから、暗記する。
 やらないことはすぐに忘れてしまうから、忘れないように続けることを占星術にしようと思う。まだまだ分からないことだらけだけど、奥が深くて面白い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック